M&Aの手続きの種類

  • M&Aの手続きの種類

    • M&Aという言葉は最近よく聞くようになりましたが、実際のところどんなことを言うのか。


      また、実際にはどのような手続きをするのか、ということになると「はてな」という方が多いのではないでしょうか。

      M&Aは直訳すると「企業の合併や買収の総称」になります。


      欧米では盛んに行なわれているM&Aですが、日本ではまだまだ一般的ではありません。

      島国気質というか企業とはいいながら家族的な感覚が先行する日本ではM&Aという手法はあまりなじまなかったのでしょう。

      しかし、近年は変化する経済や雇用事情を反映して盛んに「M&A」ということばが使われるようになりました。


      以下に実際M&Aにはどのような手続きがあるのか述べていきます。M&Aの手続きには主に4つの選択肢があります。1、事業譲渡事業譲渡とは、会社そのものを売却するのではなく、会社が行なっている事業の一部又は全部を他の企業に売却することを言います。


      事業譲渡は、仮にその会社の財政状況が芳しくなくとも、その会社が営む「事業」に価値が認められるならば会社から事業だけを切り離して売却できるメリットがあります。
      2、会社(株式)売却株式売却では会社そのものが売買の対象になりますが、株式を売却しても会社の所有者が替わるだけで事業自体は継続されます。3、合併(吸収合併)一番ポピュラーなM&Aといえます。

      合併とは2つ以上の会社を1つの会社にまとめることです。


      会社の合併には大きく「吸収合併」と「新設合併」の2つがあります。
      吸収合併では既存のA社が、既存のB社に吸収されて消滅します。
      一方の新設合併では、合併に先立って新しい会社を設立しそこに既存のA社B社が吸収されてともに消滅するという違いがあります。


      4、会社分割会社分割とは1つの会社を2つ以上の会社に分割することです。

      特定の事業部門を本体から切り離して経営していく場合や、他の会社に事業を継承、譲渡する方法として利用されます。

      企業が大きく成長するためには、自ら行っている業種について市場のシェア拡大を目指すことになりますが、実際に多くの業種では激しいシェア争いが現在でも行われており、主要企業によるシェア争いは均衡を保っているのが実情です。

      そこで、企業の市場シェアをさらに拡大する方法として用いられるのがM&Aです。
      M&Aとは企業の合併や買収を意味しますが、同じ業種の企業で下位の企業をM&Aによって買収し、吸収合併することで市場で上位に進出することが可能となるのです。

      市場シェアを大きく確保することが出来れば、規模の利益を前面に押し出して攻勢に出ることが出来るようになると共に、市場をコントロールすることで、トレンドを自ら作り出すことが可能となり、経営に大きな余裕が生まれるのです。
      また、M&Aの活用方法として注目されているのが、他業種企業をM&Aすることによる事業の多角化です。

      この他業種の企業にM&Aを行う事例としては、携帯電話会社によるコンテンツ企業の買収や、家電メーカーによるレコード会社の買収などがあります。

      このような買収については本業での売り上げに貢献する補助的な業種について買収を行ったり、本業で提供するサービスや商品の価値をさらに高めるようなコンテンツを有している企業を買収することで、本業で提供されている商品やサービスなどについてその価値を高める効果があります。
      一方で、全く本業と関係の無い業種の企業について買収などを行う場合もあります。
      インターネット関連会社による銀行などの買収については、収益の柱を多くすることで収入の安定化を図る意図があります。

      このような他業種の企業買収については、新たにゼロから他業種の企業を立ち上げるよりも、簡単に他業種への参入が可能であるという点が大きなメリットです。

      さらに、大きなメリットとしては、既存の企業の組織やノウハウをそのまま吸収することが可能であり、時間的な価値において大きなメリットとなるのです。このように企業買収は様々な目的で日々行われているのです。

      FXの口座のおすすめを知りたいならこちらです。

      信頼性の高いカードローンのおまとめについての情報はこちらです。

      カードローンのランキング情報をお伝えします。

      FXのおすすめ情報が様々な条件で検索可能です。

      即日のキャッシングの情報をご説明します。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4715276.html

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7968311.html

      http://www.tokyo-np.co.jp/ad/tokyoarplus/

  • 関連リンク